2009年01月08日

カード決済できるFX会社

カード決済できるFX会社も増えてきました。

クレジットカード決済だと、入金確認がないので誤差が少ないのが魅力です。

また、その他にもポイントがたまりやすいゴールドカードなどを使えば、ポイント還元やマイル交換ができます。

銀行決済は一番お得にならないものなので、可能な限りカード決済できるFX会社がいいでしょう。

10~100万単位で使うのが普通ですから、ポイントのたまり方も大きいです。

ぜひ利用しましょう。

FXで得たお金を何に使う?

FXで得たお金を何に使うかは大事なところです。

目的がはっきりしてるとやる気が出ますから。自分はレーシック手術の費用と住宅ローンの返済、引っ越し費用に充てる予定です。

FX長期取引

「FX」をする人には、長期取引をすることによって「外貨預金」と同じように高利益を期待する人も少なくありません。

 FXには「スワップ金利」という「取引する2通貨の金利差」があります。スワップ金利が大きいほど高利益が期待できます。そのため、いわゆる「スワップ狙い」の投資方法として長期取引をする人もいるのです。長期取引の特徴は、レバレッジの倍率を低めに設定すること、取引回数が少ないなどがあります。

 たしかに、FXで長期取引をすることによって、安定した利益が期待できます。万一、為替レートが一時的に円高になったとしても、為替差損(損失)は「スワップポイント」でカバーできます。そのため、長い期間をかけてじっくり資金を蓄えたいという人や、FXに費やす時間が取れない人にはお勧めの取引方法です。

 その一方、スワップを期待した長期取引では、短期間で結果を出すことができないというデメリットもあります。また、<FX ~FX取引の現状とは~> でもお話しましたが、不安定な金融情勢では、長期取引が絶対安全とはいえない現状も否定できません。

 FXをするためには、長期取引といえども最新の金融情報を常に収集して、資金管理をする必要があります。

 投資分散のために日経225先物取引などに分散してもよいでしょう。

複数のFX会社を選ぶ

ここでは、FX会社を選ぶための条件について、少し補足したいと思います。

 私たちは、日常的に複数の金融機関を利用して、また、同じ金融機関においても複数の預貯金口座を持ち、それぞれの用途に応じて使い分けをしています。FX会社選びにおいても、まったく同じことがいえるのです。

 FX会社には、それぞれ特徴があります。FX会社の情報を比較・検討した上で、自分の希望に合った会社を選び、複数のFX会社の口座開設をします。

 口座開設には諸々の手続きが必要なためたしかに面倒ですが、現金を入れる必要もなく、もちろん手数料が無料です。しかし、FXを安全に長く続けるためには、最初の準備が大切です。その上で、それぞれのFX会社の持つ特徴を生かして、使い分けをすることをお勧めします。

 FX会社を選ぶときの参考として、スプレットの動向があげられます。スプレッドとは、FX会社に支払う実質の外貨売買手数料のことです。当然、手数料は安いに越したことはありません。それと同時に、スプレッドの変動が少ないFX会社を選ぶことが大きなポイントです。

ポンド円スプレッドと豪ドル円スプレッドではスプレッドが異なったりするので注意です。

 また、複数のFX会社を選ぶことは、倒産など不測の事態に備え、資金を分散化するためにも大切です。